読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生のバイブル

-経験は必ずいろんな場面で生きる-
生きていく上で経験したたくさんのことはいざという時に役に立つことがあります。
多くの経験を重ねましょう。

-悪い目に会っても後で笑い話にできる-
いくら災難に会っても将来話のネタになると考えたら災難も乗り越えられます。
それに人生命があればなんとかなるもんです。

-悪い出来事は自分の教訓にしよう-
嫌な出来事は自分を強くするいい経験と思いやり過ごしましょう。
そうすることで小さなことで挫けなくなります。

-人って各々あまり大差はない-
人間はみんなそんなに変わらないので人と競って気張る必要はありません。
周りからすごいって思われる必要なんてありません。

-毎日は生と死の繰り返し-
今日の出来事は今日にならないと起きませんし日が暮れれば今日の出来事も終わります。
毎日を大事に過ごしましょう。

-自分の身の丈を知ろう-
無理して自分の能力以上のことをしては返って失敗してしまいます。
人の前では控えめに一人の時には常に高い目標に向かって勝負しましょう。

-体を助け合って生きていこう-
日常の動作で使う時間が多い部分が疲れたら他の部分を代用して休めましょう。
生活も毎日がマンネリ化しては飽きてしまいますよ。

-生きていることには意味がある-
命があることに感謝して毎日生きていきましょう。
生きているのではなく周りの環境で生かされている。

-どんなにすごい人でも100年も経てば死んでしまう-
人にどんなすごい能力があろうとそれを発揮しないと人間はいつか死んでしまう。
能力を溜め込まず人に広めていきましょう。

-神様が作り出した物は全て意味がある-
世界ができた時にある物はそれぞれ意味があって存在しています。
人間だけの都合で自然の摂理を壊さないようにしましょう。

-死を覚悟すると人はすごい力を発揮する-
本当に切羽詰まったら人は結構なんでもできるものです。
毎日の自分を追い詰める時間を作って自分を極めていきましょう。

-答えがない問題があってもいい-
なんでも答えを見つければ良いわけではありません。
人それぞれ答えが違う問題や答えのない問題があっても面白いのではないでしょうか。

-便利に頼りすぎてはいけない-
なんでも便利な現代では便利さに頼ってしまって自分で動く機会が少なくなっています。
少しの距離は歩いたり、たまには手紙を出したりしてみましょう。

-授かった命を大事にしよう-
命があることを当たり前に思わないで毎日全力に生きよう。
多少の無理はしてみるものだと思いましょう。

-世界から見たら今の悩みなんてどうでもいい-
今抱えている悩みなんて世界規模で見たらなんてことありません。
ポジティブに前を向いて生きていきましょう。

-どんなことがあっても生きていることには意味がある-
せっかくもらった命ですから人生を投げ出したり、自分を傷つけたりするのはやめましょう。
生きているからにはやることが必ずあります。

-親が子供を思う気持ちは何にも負けない-
いくら喧嘩して反抗したって親が我が子を思う気持ちは強く結ばれています。
どんなことがあっても親は子供を裏切ることはありません。

-口が動くより体を動かそう-
言葉を吐き出したならそれ以上の行動をすることが大事です。
口で言うのは簡単ですが行動で表すのはなかなか難しいものです。

-いろんな所に普段は気づかない発見がある-
忙しい毎日を過ごしているけど少し目線を変えてみてみるといろんな発見があります。
たまには通ってない道や遠回りをして帰ってみましょう。

-家族や兄弟の愛情は何にも変えられない価値がある-
血が繋がった人同士の交流は他にも変えられない物です。
子供の頃に育った環境は今後のあなたを作り上げるのにとても大事な時間です。

-深めた知識は活用しよう-
最近は知識社会になって詰め込んだ多くの知識を使わないで貯め込む人が多いです。
得た知識は大いに活用して行動しましょう。

-お金持ちや貧乏は関係ない-
育った環境がどうであろうと幸せは自分のすぐ近くにあります。
自分なりの幸せを見つけましょう。

-一生懸命な親の姿を見せることは大事-
子供は親の行動や言動などの全てを見ています。
学校で習うことや周りの環境よりも親が一番の教科書です。

-死に対して負のイメージを持ってはいけない-
生きとし生けるものは輪廻していく物です。
死んだ者は生きる者になんらかの影響を与えてくれるでしょう。

-大事な時間をかけたり本気になるから意味がある-
自分が完成させたい物があるのであれば中途半端にならず極めましょう。
そうすることでやっていることの価値がわかります。

-物を見る見方は経験や価値感で変わる-
一つの物にしても人それぞれ感じ方が変わる。
多くの経験や価値感を身につけて視野を広げましょう。

-大事なのは何かをするのではなく思い続けること-
特別な日に自分の身分に合わない高価な物を見栄を張って買う人が多い現代。
相手の感謝の気持ちは値段ではなく感謝を行動で伝えることもできます。

-命は繋がっている-
人間の命も動物の命も同じ価値があると思って生きましょう。
そうすることで日々動物への感謝を忘れずに過ごすことができるでしょう。