読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事のバイブル

-仕事パートナーのつながりを増やす-
仕事をするにあたってそのジャンルの人たちに自分の名前を広めることは大事です。
そうすることでいざという時に役に立ちますし協力して仕事をすることもできます。

-無理な嘘はしない-
無駄な嘘をつくと自分で墓穴を掘ることになる。
嘘をつくくらいなら素直に打ち明ける方がいい。

-作り上げていく段階で使わなくなったものは続編のために残す-
完成を求める途中で使わなくなった素材やアイデアは必ず取っておきましょう。
いざ続編を作るときに焼きに立つことがあります。

-日常生活での無駄な時間をなくそう-
日常生活で使う物は定位置に置いときましょう。
探す時間が少しでも重なると壮大な時間ロスになります。

-なんでも気になったら試したり買ってみよう-
少しでも踏みとどまったら迷わず試したり購入しましょう。
考えていることに時間を浪費するのであれば直感的に行動をする方がためになります。

-人気・流行りの物が全てではない-
今話題の物だけでなく本当に意味のあるものはたくさん眠ってる。
発想やタイミング次第で成功するチャンスはいくらでもあります。

-年功序列なんて必要ない-
仕事の良し悪しや成功のチャンスは年と比例することはありません。
使えない先輩や上司は放っときましょう。

-なんでも上限を決めよう-
どんな小さなことでもなんでも貯めすぎや欲張りは良くないです。
自分の上限を決めて物事に取り組みましょう。

-人の良い所は尊重し真似をしよう-
人それぞれ長所は違います。
相手の長所は素直に認めていい所は吸収しましょう。

-どんな状況でも最悪の事態を常に想定する-
売り上げが良くても悪くてもいつ起こるかわからない最悪の状況を考えておくことが大事です。
そうすることで状況の変化でも戸惑うことなく対応することができるでしょう。

-どんな些細なことでも感謝の気持ちを伝える-
ちょっとしたことでも感謝を伝える癖をつけましょう。
感謝されて嫌な気持ちをする人はいませんし、いい関係を築いていけるでしょう。

-たまには思い切った賭けをしてみよう-
何もアイデアが浮かばないときは直感が成功を導くこともあります。
賭けが成功した時に成功した根拠や理由がわかってきます。

-相手を楽しませることを一番にする-
仕事をする上で一番大事なのは相手のことを考えることです。
人のために仕事を行うと自然と利益を得ることができるでしょう。

-連絡は遅れないことよりも返事の内容にこだわる-
連絡が遅れたからといってお詫びをすればいいのでなく内容にこだわろう。
上の空の返事は余計に相手を不機嫌にさせてしまいます。

-代理で済ませることはどんどん頼ろう-
時間は大切で他人でもできることは他人の時間を使いましょう。
今自分がしないといけないことを見極めることが大切です。

-常に新しいアイデアを考える-
今の現状に満足して向上心をなくしてしまうことのないようにしましょう。
世界が変化していくように常に新しいアイデアで勝負していくことが重要になってきます。

-無理をしない健康が一番大事-
健康はなんでもやりまくればいいということではありません。
無理をして怪我や病気をしてしまえばその分のお金と時間を失うだけになります。

-人に怒らないようにする-
人に怒っても何の解決にならないし仕事の効率が上がるわけでもない。
いつでも人との信頼と尊敬を忘れずに仕事に取り組もう。

-好きなことを仕事にしよう-
自分の趣味や続けていることを仕事にするとモチベーションになります。
ストレスを貯めないことで長く続けることができるでしょう。

-何事も頑張りすぎず八分目を意識しよう-
仕事以外でも頑張りすぎないように気をつけましょう。
自分の限界を超えて疲れを溜めていては効率が悪いだけです。

-同時に多くの出来事が起こった時の優先順位を決めとく-
仕事をしていくうちに事柄が同時に怒り困ってしまうことがあると思います。
そんな時に適した順序で物事を処理していきましょう。

-はじめは型にはまった方法の方が成功する-
知識がないうちは人の真似をしたり、ありきたりな方法で作業に取り掛かってみましょう。
初めから自分の発想で勝負して成功した人はまずいません。

-宣伝や説明は短く明細に-
商品を売ったり売り込みをしている人は話を短くまとめることで良い印象を与えれるでしょう。
欲張っていろいろ話し込んでも相手が嫌がるだけです。

-社交辞令の付き合いはやめる-
人と付き合う時は社交辞令でなく友達のような感覚で付き合う方がいいでしょう。
相手との距離も近ずきますしお互い本音で話すことができます。

-仕事場はいつでも綺麗に保つ-
仕事場が汚くて物を探したら時間の無駄ですし、汚いとやる気につながりません。
いつでも綺麗で使いやすい環境を保つことで仕事の効率を上げれるでしょう。

-知識がない内に投資して仕事を行わない-
お金を投資して行うことはか鳴らす事前調査をして本当に必要かを考えるようにしましょう。
知識もないうちに投資をしてしまうことは自殺行為です。

-仕事の身分は徐々に上がっていくものである-
もし自分の店を持ったとしても上には上がいると思いましょう。
いつでも謙虚さと向上心を持ちましょう。

-クレームには成功のチャンスが隠れている-
クレームをしてくれるお客さんの話に耳を傾けることで貴重な意見を得られるでしょう。
嫌な顔をせずに客観的なクレームを取り入れましょう。

-今の仕事が黒字であれば続ける-
今の状況が良ければ文句を言わずに続けていきましょう。
手放してから後悔してしまっても後の祭りですよ。

-仕事仲間のやる気や指揮はとても大事-
仕事をする上で仲間との信頼は重要なポイントです。
是非とも仲間といい関係を築いて仕事に取り組みましょう。

-行き詰まったら現場を見に行く-
指導する立場や下の人に命令している人は同じ目線で現場をみに行く癖をつけましょう。
実際の場面を見ることではっきりした問題が浮き彫りになることもあります。

-問題を抱えたら迅速な対応が吉-
どんな小さな問題でもすぐに解決することがとても大事になってきます。
後回することで後でこますのは結局自分自身です。

-勧められたことはなんでもやってみよう-
本当に自分にあった仕事ってやってみないとわかりません。
自分に合うか合わないかはそのうちわかります。

-相手に伝わらないと本当に面白いものではない-
自己満足の商品や客観的な意見を無視した商品は売れることはないでしょう。
他人の意見を聞いたり世間のためになるような商品でないと成功することはむずかしいです。

-予定やメモは一つにまとめる-
メモを多くに分けている人はすぐに一つにまとめましょう。
多くの情報は一つにまとめることで簡単に認識することができます。

-仕事道具はケチらずに揃える-
仕事が便利になったり試してみたいことがあれば迷わず買ってみよう。
今必要でなくても今後必要になるかもしれません。

-自分が苦手なことは専門に任せよう-
自分が苦手な分野をいくら頑張っても良くなるはずもありません。
専門分野は是非ともその道の専門の人に任せましょう。

-対立することで得ることがある-
喧嘩して本当の親友というように仕事においても喧嘩をすることは大事です。
喧嘩でお互いの本音や鬱憤を吐くことで理解が深まるし発散のいい機会となります。

-任せられたことはその時に予定を組む-
託されたことは信頼されている証拠なのでその信頼を大事にしましょう。
忘れないうちに解決策や手段を打ちましょう。

-損得を考える前に即答しよう-
行動するにあたって損得を考えていては多くの経験を得ることはできないでしょう。
即答することで相手も快く思いまた誘ってくれるでしょう。

-自分のやりたいことや目標を人に話そう-
今はまだ無理でも自分がしたいことを人に伝えることは大事です。
そうすることでちょっとしたことでも相手が声をかけてくれるかもしれません。

-契約する会社は少なくとも2社以上備えよう-
会社と協力する時は一社だけに頼りきってしまってはいけません。
万が一協力関係が切れてもやっていけるような会社を大事にしましょう。

-しっかりとしたゴールをイメージしてから取り掛かる-
いくら時間をかけてもいいので目標やゴールを決めることが大事になってきます。
あとはその道を歩く忍耐力や持続力があるかないかが問われてきます。

-アイデアは多くの人に相談する-
ふと思い浮かんだアイデアが完璧なことはほとんどありません。
多くの人に相談したり様々な情報を調べてみましょう。

-相手に好かれるんじゃなくて仕事的に合うようになろう-
もちろん人の為に仕事をすることは大事ですが好かれようとするだけではダメです。
売り上げや将来性を無視したビジネスはビジネスとは言えません。

-治安や経済状況がどうであろうと成功する人はいる-
成功するのに環境は関係ないので環境を言い訳にして諦めることはありません。
もしろ過酷な環境にいるからこそ成功するチャンスが眠っていることもあります。

-世の中はメディアの情報が全てではない-
世の中の情報はインターネット上でいつでもどこでも見ることができます。
しかし、真の情報なんてほとんどないのが現実です。

-相手から会いたいと思われるように努力する-
自分が今度も会いたいと思っている人がいるのであれば相手に好かれる努力をしましょう。
自分の一方的な気持ちだけでは相手にメリットがないのでいい関係を築けないでしょう。

-完璧を求めすぎるのはよくない-
完璧を完成できればそれに越したことはありませんが求めすぎは良くないです。
初めは70パーセントのつもりでたりなければ強化するという姿勢が大事です。

-時間や値段をケチることはしない-
時は金なりというように時間はとても大事な物です。
もし考える時間があるのであれば思い切って買ったり挑戦してみましょう。

-読書は一つの物語として読む-
知識や視野を増やす為に読書はとても大事です。
読むときは話が飛んでしまわないように一冊を単位に読み切りましょう。

-人の本音は一人の時にわかる-
仕事をする上で協力は大事ですが一人にする時間を与えるのを忘れないようにしましょう。
大事な仕事のパートナーにストレスを溜めさせないことは大切です。

-自分の身の丈でできる仕事をする-
仕事をする上では自分の身の丈をしっかりと把握することが大事になってきます。
出る杭は打たれるというように天狗になって痛い目に遭わないようにしましょう。

-人には意味のある嘘をつくときがある-
嘘は一言で悪いものと決めつけてはいけません。
相手の気持ちや状況によっては嘘をついた方がいい場合もあります。

-誘われた誘いは断らない-
亀の甲より年の功という言葉があるように年上の人の話は多くの知識を吸収できる機会です。
誘われたら多少無理をしてでも参加するようにしましょう。

-将来性のない物に無駄に時間をかけないようにする-
常に今やっていることに疑問を持って将来性が感じられないのであれば切り替えよう。
無駄と思いつつ続けるのは時間の無駄にしかなりません。

-どんな仕事でも人との繋がりはある-
多種多様な仕事がありますが様々な形で人とつながっています。
常に人からの評価や目線を気にして仕事に取り掛かりましょう。

-自分が叶わない分野で活躍している人を尊敬しよう-
十人十色というように人によって得意な分野は違います。
その能力を卑下しないでお互いが頼っていけるような人間関係を築きましょう。

-あるものを見れば人の数だけ見方が変わる-
人それぞれ物の見方が違うし人によって意見やアイデアも違います。
是非ともいろんな人の意見を聞く癖をつけましょう。