読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

睡眠をとって健康生活

-年齢ごとに必要な睡眠時間の目安-
赤ちゃん:16時間
3才から12才:10時間
13才から18才:10時間
19才から55才:8時間
65才以上:6時間

-レム睡眠とノンレム睡眠-
睡眠にはレム睡眠とノンレム睡眠の2種類があってレム睡眠は浅い睡眠ですが脳は起きている状態で深い睡眠で心身ともに休んでいる状態をいいます。基本的に睡眠はレム睡眠とノンレム睡眠を繰り返しています。余談ですが起きた時に夢の内容を覚えていないのはレム睡眠のときに夢を見ますがノンレム睡眠になると夢が醒めるためです。
寝ているときに起こっていること
まずあなたの脳を再充電し、それから細胞の再構築、そして体が重要なホルモンを放出する、という順で眠ると生理機能が働き始めます。睡眠時間が短いとこのサイクルが遮られるため、睡眠不足が起きると体調が悪化し、健康に悪影響を与える、というわけです。

-睡眠の知識-
1,睡眠で健康になる
最近では多くの健康法がありますが睡眠はどんな方法よりも効果があります。寝るだけで健康を保つことにもつながります。
2,質の良い眠りを取る
睡眠は決して長い時間を取ればいいわけではなく質の良い眠りを取る事が大事です。心身ともに休憩の準備ができてからでないと質の良い眠りを取る事はできないでしょう。
3,決まった時間に寝る
人間は決まった習慣を覚える生物なので決まった時間に睡眠を取る事で体が睡眠時間を覚えます。変則な時間に寝ていては眠りにつきにくいですし疲れが抜けません。
4,寝不足は毒
どんなに多忙と言っても寝不足な生活を送っていては不運に巻き込まれるかもしれません。集中力がなくなり事件を招いたり人に迷惑をかけてしまうかもしれません。
5,暇を惜しんでも寝よう
忙しい現代人は1日8時間も睡眠を取る事ができない人が多いです。最低8時間睡眠を取るためには昼寝をしたり余暇を有効活用して積極的に休憩を取るようにしてみましょう。

-寝不足は毒-
1,肥満体質になる
3大欲の睡眠欲が満たされる事で食欲を抑える効果につながります。逆に寝不足の人は空腹になりやすい傾向にあります。
2,集中力が散漫になる
寝不足が原因で集中力が低くなり集中力を保つのが難しくなります。毎日平和に過ごすためにもちゃんとした睡眠時間を取るようにしましょう。
3,落ち着きが欠ける
なんでもせかせかするようになり落ち着くことができなくなります。何かをする前は一旦落ち着いてから行動するようにしましょう。
4,死亡率が高まる
睡眠が少ない事が原因で死亡率が高まります。健康を損ない睡眠を取りすぎるのも良くないですが少なすぎるとリスクが高まります。
5,外見が老けて見える
睡眠不足が外見の老化を促進します。若作りのためにも十分に睡眠を取るように心がけてみましょう。

-眠りやすくなる方法-
1,習慣を作る
決まった習慣を繰り返し行うことで脳が睡眠に入りやすくなります。
2,時間を気にしない
眠れないからといって時間を気にしていてはいつまでたっても眠ることができません。
3,枕とベッドを選ぶ
眠る環境を変えるだけで嘘のようにぐっすり眠れるようになることもあります。
4,体温を高める
体内を暖めることによって質の良い睡眠を取ることができます。
5,体の各部をマッサージする
マッサージを行うことで筋肉がほぐれてリラックス効果が期待できます。
6,眠れなくても焦らない
眠ろう眠ろうと思えば思うほど眠るのは難しくなります。